「海外情報」の検索結果

共和党のドナルド・トランプ氏が、第45代アメリカ大統領に就任した。メディア・環境保護団体が再生可能エネルギー導入拡大を含む温暖化対策において悲観的な見解を示すなか、太陽光発電産業の関係者は強気の見解を打ち出している。

トランプ新政権、「太陽光発電」で雇用創出を狙う!?

エネルギーの分散化が進んでいる。変化が目まぐるしいエネルギー分野の中でも、注目されているのは熱利用である。熱利用に関して先進をいくデンマーク、そしてユニークな取り組みを進めるドイツの例をたよりに、エネルギー分散型社会を紐解く。

“脱”化石燃料! 発電は再エネ熱利用が主流に?

アメリカでは都市でも地方でも地域活性につながる、農業ムーブメントが起こっている。今回はニューヨークで行われている取り組みについて紹介する。

米国農家の約3分の1は、なんと大都市圏で経営!

オランダでブームとなっているサイクリング・ツアー。普段食べているものがどのようにして私たちのもとへ届くのかを楽しみながら学ぶことができる。食べ物に関わる人への感謝を、あなたは忘れていませんか?

大好評! 農業体験ができるサイクリング・ツアー!

ロンドンでは、学校給食にサステナブル・シーフードを取り入れている。子どものうちからサステナブル・シーフードの教育を受けることで、食の大切さや環境問題についても意識を高めることができるのだ。

イギリスで広がるサステナブル教育って? 給食にも注目!

アメリカでは都市でも地方でも地域活性につながる、農業ムーブメントが起こっている。今回はセントヘレナ島で行われている取り組みについて紹介する。

観光客年間300万人! 米セントヘレナの食文化

廃線となった土地を使用したコミュニティ農園の情報をロンドンからお届け!

ロンドン式地域活性! 廃線跡が農園に大変身!?

情報交換やネットワーキングのみならず、農作物の売買や資金調達の手段として、食や農業の分野でもオンラインプラットフォームの活用が進んでいる。

消費者との関係を変えた、世界のwebサイト

食と農を体感できるアグリツーリズムは、消費者と農家、そして地域の“三方よし”を実現する観光形態として注目され、各国で市場が拡大しつつある。

世界中で続々! オンラインを活用したアグリツーリズム

現在、アメリカで環境保全を意識した宅配食材サービスが注目を集めている。食材には健康や自然に配慮したものが使用されていて、食へのこだわりや目的に応じてカスタマイズが可能だ。

日本とは少し違う? NYで増加中の宅配食材

1 2

総合ランキング

  1. 雑誌『アースジャーナル』vol.04 発売中!
  2. 期待高まるバイオマス発電 課題解決に向けた取り組み
  3. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  4. 知らないと損する改正FIT基礎知識
  5. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  6. 農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?
  7. 日本のハワイ「周防大島」に眠る美味しすぎるジャム
  8. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  9. あなたの発電所は大丈夫? FIT法改正後を生き残れ
  10. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」4/26開催!
SDGsTV

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「EARTH JOURNAL」

vol.04 / ¥300
2017年3月21日発行

お詫びと訂正

フリーマガジン
「SOLAR JOURNAL」

vol.20 / ¥0
2017年2月7日発行

お詫びと訂正

フリーマガジン
「AGRI JOURNAL」

vol.02 / ¥0
2016年12月14日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳