「改正FIT法」の検索結果

いよいよ4月から改正FIT法が施行。認定の考え方そのものが変わり、これに伴って発電事業者には新たな義務が生じることになった。今後は、保守点検をおろそかにしていると、認定取消にもなりかねないという。JPEA事務局長の亀田正明氏に話を聞いた。

太陽光発電200GW時代に向けて 制度改革をチャンスに

買取価格の低下による事業者の淘汰が進み、コストを下げていける業者だけが生き残る。 FIT法改正で誰でも儲けられる時代は終わり、太陽光発電は住宅用の再活性化へ。 環境経営コンサルタントが語る今後の展望を紹介する。

改正FIT法で未稼働案件一掃、テスラが家庭用に注力

私のミッションは、再エネを電力市場に"統合"していくこと。いま、再生可能エネルギーは、大きな転換期にある。2017年4月に施行される「改正FIT法」の真のねらいと経産省の展望を語る。

FIT改正は好機!? 経産省が語る価格見直しの効果

再生可能エネルギーの導入拡大を支えてきたFIT法が、4月1日から生まれ変わる。これに先立ち、経済産業省が都内ホールにて直前説明会を開催した。

経産省の再エネ政策見直し、改正FIT説明会で解説!

再生可能エネルギーの導入拡大を支えてきたFIT法が、4月1日から生まれ変わる。これに先立ち、経済産業省が都内ホールにて直前説明会を開催した。

【速報】経産省主催「改正FIT法説明会」に熱気!

来年4月1日から施行されることとなった、固定価格買取制度(FIT)の見直し法案。今回の見直しの目的の1つは、「未稼働案件」を一掃することだ。FIT法改正で、今後の太陽光電はどうなるのか。環境経営コンサルタント、村沢義久氏に話を聞いた。

未稼働案件の一掃! 低い買取価格での勝負が中心に

再エネの中で雇用が一番生まれるビジネス、バイオマス事業。大手の企業でなければ、利益が生まれにくい現状が改正FIT法により、変わりつつある。懸念されていた事業リスクが低減でき、大手ではない事業者も新規参入して利益を出せる可能性が出てきた。

最も雇用が生まれる再エネは? バイオマスの可能性

太陽光は21円。2MW以上は入札対象に! 陸上風力は、今後3年間、毎年1円ずつ下落! 中小水力と木質バイオマスには、規模に応じたカテゴリーを新設。風力と地熱では、リプレース(設備更新)の買取価格を設定。2017年度のFIT価格案を速報する。

2017年度、これが新FIT買取価格だ!

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

保護中: 5分で納得! FIT認定制度変更のポイントは?

アクセスランキング

  1. 憧れの雑誌を手掛けるチャンス! 編集アシスタント募集中!
  2. 最先端の薄膜太陽電池 日本企業の参加を要望中!
  3. オーガニック石鹸で人気のLUSHの再エネ活動!
SDGsTV

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「EARTH JOURNAL」

vol.04 / ¥300
2016年3月21日発売

お詫びと訂正

フリーマガジン
「SOLAR JOURNAL」

vol.21 / ¥0
2017年4月28日発行

お詫びと訂正

フリーマガジン
「AGRI JOURNAL」

vol.03 / ¥0
2017年3月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳