「エネルギー兼業農家」の検索結果

太陽光発電を中心に日本各地で導入が進む再生可能エネルギー。農地に太陽光発電設備を設置する「営農型ソーラー」以外にも、風力発電など、農地を利用した再エネの導入は進んでいる。すべての農家が「エネルギー兼業農家」になる日も近い!?

再エネで収入アップ! 農業×風力発電のすすめ

地方創生を実現するためは、地域住民の参加が不可欠である。特に農業分野では住民が意思決定に参加することが大切だ。そんな農業と地方創生のつながりを、元・農林水産省 農林水産政策所長で食と農の政策アナリストである武本俊彦氏にお話を伺った。

「兼業」と「住民参加」が、地方創生のキーワード?

農業と発電、2つの事業を同時に行う営農型ソーラーが注目を集めている。つくった電気は、電力会社が買い取ってくれるから収入アップは確実だ。せっかくの広い土地、農作物を作っているだけではもったいない!?

電気を売って収入アップ! 営農型ソーラー

2009年に就農し、先代から受け継いだ農地でさまざまなチャレンジを仕掛けている佐藤暁洋さん。 新築した建屋の屋根に設置した約100kWの太陽光発電が、シイタケ農業の利益率アップに大きく貢献しているという。

1400万円の所得増!太陽光発電とのダブルインカム

エネルギーも地産地消が求められる時代。なかでも農地と発電を組み合わせた「ソーラーシェアリング」がこれからの農業の在り方を変えようとしている。今回は千葉県市原市の農家を訪ねた。

電気を作るだけじゃない ソーラーシェアリングの利点

「環境」や「安全」が社会の価値の基軸になった時、農業と小規模発電事業を行う「エネルギー兼業農家」は、最前線に立つことになる。『儲かる農業論 エネルギー兼農家のすすめ』著書、慶応大学経済学部教授の金子勝教授に話を聞いた。

これからの農業は、 「エネルギー兼業農家」が創る

農業と太陽光発電を組み合わせた「ソーラーシェアリング」という、新たな太陽光発電事業が静かな広がりを見せている。太陽の恵みが日本の食とエネルギーを同時に作り、持続可能な農業につながる。

ソーラーシェアリング 農業×太陽光のすすめ

100%ソーラー発電とバイオダイナミック農法を実践するワイナリー、アンペロスは、脱サラ後の夫婦が第3の人生として経営している。小誌でハリウッドセレブ取材を担当する現地ライターから、アメリカの農的生活について。

エネルギー兼業農家 in USA 持続可能なワイナリー

アクセスランキング

  1. 憧れの雑誌を手掛けるチャンス! 編集アシスタント募集中!
  2. 最先端の薄膜太陽電池 日本企業の参加を要望中!
  3. オーガニック石鹸で人気のLUSHの再エネ活動!
SDGsTV

雑誌&フリーマガジン

雑誌
「EARTH JOURNAL」

vol.04 / ¥300
2016年3月21日発売

お詫びと訂正

フリーマガジン
「SOLAR JOURNAL」

vol.21 / ¥0
2017年4月28日発行

お詫びと訂正

フリーマガジン
「AGRI JOURNAL」

vol.03 / ¥0
2017年3月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳