自然エネルギー TOP太陽光発電

フランスで見かけた再エネの兆し

商業地で建造物を新築する際に、屋上緑化かソーラーパネルの設置を義務付ける法案が2015年に可決されたフランス。 パリには、いち早く再エネを取り入れるホテルがありました。

太陽光発電を活用
パリのソーラーホテル

太陽光発電を使うことで、宿泊費の高いパリで低価格・高品質のサービスを提供するホテルがある。市内14区にある、その名も「ソーラーホテル」だ。

同ホテルを経営するのは、環境保護団体で30年間代表を務めてきたフランク・ラバル氏。ツーリズムは経済や社会だけでなく、環境面でも大きな影響をその土地に与える。パリは世界を代表する観光都市だが、大部分の宿泊施設は地球温暖化やエネルギー、健康問題に注意を払っていない。

そこでラバル氏は、観光事業者こそ環境に配慮することが大切だと考えた。太陽光発電を活用し、ホテルで使う電力の75%削減に成功。節水や90%のゴミリサイクルも行う。利用客もここに宿泊することで、物を有効利用し、無駄をなくすといった環境への意識が強まるという。


【DATA】
Solar hotel(ソーラーホテル)
22 rue Boulard 75014 Paris


取材・文・写真/加藤 亨延

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

- PR -

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 2030年 太陽光は驚愕の発電コストに!
  3. “メガソーラーで大儲け”というビジネスは終わった
  4. 「FIT」制度の次は「FIP」制度!?
  5. 知らないと恥ずかしい改正FIT基礎知識
  6. 時代に取り残されるな! 変わる再エネ貯蔵
  7. テスラ革命で自家消費が有利な時代に! 未来への鍵②
  8. 太陽光が動力!? 砂漠に水を生み出す装置
  9. 蓄電池の基礎知識 スマートコミュニティの活用
  10. 経済産業省が考える「FIT改革」の課題とは

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.19 / ¥0
2016年10月31日発行

お詫びと訂正