政策・マーケット

再生可能エネルギーの導入拡大を支えてきたFIT法が、4月1日から生まれ変わる。これに先立ち、経済産業省が都内ホールにて直前説明会を開催した。

どうなる日本の再エネ!? 改正FIT直前説明会レポート!

再生可能エネルギーの導入拡大を支えてきたFIT法が、4月1日から生まれ変わる。これに先立ち、経済産業省が都内ホールにて直前説明会を開催した。

【速報】「改正FIT法説明会」に熱気!

電力小売全面自由化がスタートして、まもなく1年が経とうとしている。はたしていま、一般家庭による電力会社の切り替えは、どの程度まで進んでいるのか?自由化を契機に、再生可能エネルギーの普及は加速するのか?電力自由化の現状を俯瞰する。

電力自由化から1年、250万世帯が電力会社を切替

共和党のドナルド・トランプ氏が、第45代アメリカ大統領に就任した。メディア・環境保護団体が再生可能エネルギー導入拡大を含む温暖化対策において悲観的な見解を示すなか、太陽光発電産業の関係者は強気の見解を打ち出している。

トランプ新政権、「太陽光発電」で雇用創出を狙う!?

2017年4月1日、いよいよ改正FIT法が施行される。太陽光発電の普及を強力に後押ししてきた固定価格買取制度が、抜本的に生まれ変わる。PV業界の環境変化は必至だ。こうした状況を受けて、ソーラージャーナルは2016年11月25日、第3回目となるPVビジネスセミナーを開催した。当日の様子をリポートする。

FIT新時代の“質”の高い事業とは!?

昨年10月11日、2016年度の第二次補正予算が成立し、「ZEH普及加速事業」に、新たに100億円の予算がつけられた。ZEHの普及を加速化することは、住宅の「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」投資を喚起することに直結する。ZEHは住宅用太陽光にとっても追い風となるか。

ZEHは住宅用太陽光の「追い風」になるか!?

SOLAR JOURNAL主催 PVビジネスセミナー『改正FIT開始直後スペシャル(仮)』、2017年4月26日(水)開催。

太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」2017/4/26開催!

電力小売全面自由化がスタートして、半年が過ぎた。小売電気事業者の登録件数は、事前登録受付開始から1年余りの間に350社にも達している。しかし、大きな地域差があるのも事実だ。今回は、電力小売自由化の実情を紹介する。

経産省が教える! 電力小売自由化の実情

現在、日本には数多くの廃棄物最終処分場があり、すでに埋め立てが終わっているところも少なくありません。現在、埋め立て終了後の処分場について、有効活用するための方策が求められています。

廃棄物処分場を”太陽光”で賢く活用!

再生可能エネルギーの本格的導入を推進するため、克服すべき3つの課題を経済産業省資源エネルギー庁の松山氏に聞いた。

経済産業省が考える「FIT改革」の課題とは

1 2 3 4

- PR -

アクセスランキング

  1. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  2. 全世帯の6割が利用!デンマークの地域熱供給が凄い!
  3. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  4. トランプ新政権、「太陽光発電」で雇用創出を狙う!?
  5. 【速報】「改正FIT法説明会」に熱気!
  6. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」2017/4/26開催!
  7. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!
  8. 知らないと恥ずかしい改正FIT基礎知識
  9. 2030年 太陽光は驚愕の発電コストに!
  10. 電力自由化から1年、250万世帯が電力会社を切替
GREEN ENERGY EXPO 2017 SNEC PV POWER EXPO(2017)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.20 / ¥0
2017年2月7日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳