「安田陽」の検索結果

再エネ導入において重要な点となるコスト。しかし、直接的なイニシャルコストやランニングコストの他に「外部コスト」を計算に加えている人は少ないのではないだろうか? 送電線の空き容量問題に鋭く迫り話題となった安田京大特任教授は、外部コストについて、より議論されるべきだと主張する。

安田教授が指摘! 化石燃料の”隠れ”コスト

再エネを考える際に議論となるコスト。しかし、そればかりに目を向けていて、建設的な議論ができるのだろうか? 送電線の空き容量問題に鋭く迫り話題となった安田京大特任教授は、再エネのベネフィットを考えることが疎かにされていると指摘する。

再エネの国際テーマはベネフィット。京大安田教授の視点

話題の安田陽京大特任教授も登壇。これからの再生可能エネルギー業界を展望するPVビジネスセミナーが2月8日(木)、都内ホールで開催された。FIT10円台、そしてポストFITへ──成熟期を迎えた再エネビジネスの新トレンドが見えてきた。

【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日

太陽光や風力などの再生可能エネルギー発電設備をつくっても、電力会社から「送電線に空き容量がない」と言われ、電力系統に接続してもらえない。いま、そんな状況が各地に拡がっている。しかし多くの場合、「空き容量ゼロ」どころか、まだまだ余裕があるというのが実態のようだ。京都大学・安田陽教授らが分析した。

再エネが繋げない? 送電線「空き容量ゼロ」は本当か

アクセスランキング

  1. 【セミナーレポート】賢い太陽光発電所の建設と運用ノウハウ
  2. 最新秋号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.23
  3. JPEA新春交流会で示された 今後の太陽光発電とは?
  4. FIT後も太陽光発電をビジネスとしてやっていくには?
  5. FIT認定制度の変更 未然に防ぐトラブルの知識とは?
  6. 太陽光発電設備が水害?二次災害を起こさない対処法
  7. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  8. 2020年の蓄電池市場規模は現在の20倍以上!? 
  9. S-Rackの架台が解決! これで多雪地域での太陽光発電設置も怖くない!
  10. 航天機電から次世代パネル「銀河」が登場!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース