太陽光発電

リゾート地に浮かぶ不思議な巨大ソーラーハウス

イタリアの建築家がデザインした浮島型の住居「ウォーターネスト100」。 穏やかな水の上でならばどこにでも設置できる新しい住居の魅力とは…?

イタリアの建築家・ジアンカルロ・ゼマがデザインした、環境に優しい「ウォーターネスト100」と呼ばれる浮島型の住居。
川の流域・湖上・海岸沿い・環礁・海上など、穏やかな水の上であればどこにでも設置できる。

高さは4m、幅は12mで、100㎡の居住スペースを有し、リサイクルされたラミネート加工の材木と、同じくリサイクルのアルミニウムの外殻でできている。屋根には、この住居に不可欠な巨大ソーラーパネルが設置されている。

屋根には、4kW発電可能な60㎡のアモルファス太陽光パネルが設置される。リビング・ダイニング・寝室・キッチン・バスルームや、その他居住や仕事のニーズに合わせ、様々な設備を設置することができる。

 

使用している素材や、持続可能な生産システムにより、この住居ユニットは98%もリサイクル可能である。さらに、自然な微小換気を活用した非常に優秀な空調システムにより、低燃費住居として認証されている。
この未来型住居は、自然と完璧に調和しつつ、自立・独立して生活したい人々への理想的な解決案となるはずだ。


翻訳/大村夏波
※『SOLAR JOURNAL』vol.16 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  2. 再エネが繋げない? 送電線「空き容量ゼロ」は本当か
  3. ポストFITを支えるサングロウの「中規模自家消費向け一体型システム」とは?
  4. 再エネビジネス誌『RE JOURNAL』創刊2号発売!
  5. 安田教授が指摘! 化石燃料の”隠れ”コスト
  6. アップルもイケアも再エネ100%が目標! 日本は!?
  7. 最新冬号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.32
  8. 【セミナーレポート】主力電源化への展望と高効率モジュールの役割は?
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. S-Rackの架台が解決! これで多雪地域での太陽光発電設置も怖くない!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース