太陽光発電

導入でイニシャルコストを削減? “次世代パワエレ”の隠れた能力

太陽光発電所の状況を、ストリング・モジュールレベルで監視できる"次世代パワエレ"。発電を最適化するだけでなく、イニシャルコスト削減にも一役買ってくれるが、一体どのような仕組みなのだろうか?

モジュールや接続箱の数を調整し
余計な費用をカット

次世代パワエレを導入することで、ストリングを構成するモジュールの数を増やしたり、接続箱あたりにつなげるストリング数を増やして接続箱の数を減らしたりすることが可能になる。

そのため、ケーブルや接続箱のコストはもちろん、施工コストや手間を大きく削減することができる。発電所の条件によっては、それらのコストが半減することも。

次世代パワエレは、長期的な発電量アップを実現しながら、イニシャルコストの削減も同時に達成できるのだ。

■イニシャルコスト削減例


SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  2. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  3. FIT抜本見直し概要~再エネ電源の区分で違う支援制度の内容~
  4. アップルもイケアも再エネ100%が目標! 日本は!?
  5. 小型・木質バイオマス熱電併給システム、欧州主要メーカーが集結!
  6. LONGiが各国第三者機関から世界No.1の高評価を獲得! 高出力モジュールも新たに発表
  7. 屋根が狭い日本は、両面で高効率のパネルが主流に?
  8. ポストFITを支えるサングロウの「中規模自家消費向け一体型システム」とは?
  9. 【FIT抜本見直し概要】地域活用電源に関する制度の在り方はどうなるのか。
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース