太陽光発電

【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!

経済産業省は11月21日、太陽光発電設備(2MW以上)の第1回入札結果を発表した。入札は、改正FIT法の施行に伴い本年度より導入された新制度。いったい何社が入札に参加し、いくらで落札されたのか? 発表内容を速報する。

入札に参加した全9件が落札
合計出力は141MW強に止まる

入札にあたっては、まず入札参加資格の審査のために事業計画提出が求められていた。発表によると、提出された事業計画数は合計29件。審査の結果、入札参加資格が認められたのは、そのうち23件。しかし、実際に入札に参加したのは、その中の9件に止まった。

■第1回入札(2017年度)の結果

入札に参加した発電設備の出力規模は、最小5,600kW(ロイヤルリース株式会社)から最大30,006kW(ハンファエナジージャパン株式会社)。入札参加案件全体の合計出力は、141,366kW(141MW強)だった。

今回の入札における募集容量(落札される発電設備の合計出力)は、500MWとされていた。しかし蓋を開けてみたら、入札参加案件の合計出力自体が、それを大きく下回っていたという状況だ。従って、入札に参加した案件は、すべて落札されるという想定外の結果となった。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 順風満帆ではない“再エネ先進国”ドイツの苦境(後編)
  2. 順風満帆ではない“再エネ先進国”ドイツの苦境(前編)
  3. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  4. 営農型太陽光の農地転用許可が「10年」に延長!
  5. 卒FITユーザー必見! あなたに合った最適プランは? 電力会社別「買取メニュー」を公開!
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?
  8. 2.5倍の過積載でIRRが大幅向上! 太陽光発電のオプティマイザ活用事例
  9. S-Rackの架台が解決! これで多雪地域での太陽光発電設置も怖くない!
  10. 日本PVプランナー協会、全国会員大会で「PV100年構想」へと一致団結

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース