太陽光発電

1口5万円から投資できる自然エネルギーファンド登場

パワーハウス・インベストメント株式会社(PHI)が、インターネット上ですべての手続きを行える、自然エネルギーインフラ投資ファンドの募集を開始した。

パワーハウス・インベストメント株式会社(PHI)が、インターネット上ですべての手続きを行える、自然エネルギーインフラ投資ファンドの募集を開始した。このファンドは、少額投資を可能とし、10年間の目標分配率を150%とする、業界最高水準の想定利回りが特徴だ。

※PHI調べ

そもそも、インフラ投資ファンド
とはいったい何?

インフラ投資ファンドとは、その名の通り社会基盤(インフラストラクチャー)を対象とした投資だ。インフラファンドでは、保有するインフラが稼ぐ売電や利用料金をもとにして、投資家へと分配金が支払われる。その対象となるのは、空港や道路、港湾、再生可能エネルギー施設など多岐にわたる。インフラ投資を担ってきた各国政府や地方自治体などの財政的制約が世界的に強まる中、インフラの維持や後進には多額の投資が必要であるため、当初は新興国を中心に注目を集めた。日本では、2015年4月にインフラファンド市場が開設し、2016年6月に初の上場企業が生まれている。

PHIの自然エネルギーインフラ投資ファンド
どんな仕組み?

PHIが始める自然エネルギーインフラ投資ファンドは、主に太陽光発電所へ投資を行う。その発電所の売電事業から得られる収入が、出資者に分配される仕組みとなっている。投資家は1口5万円からの投資が可能になり、売電事業を業務委託(匿名組合契約)することにより、発電所の取得手続・メンテナンス・撤去・廃棄等から解放される。また複数の発電所への投資を行うため、自然災害や日照不足等による収益悪化によるリスク分散が期待される。

 

12

関連記事

2019/12/25 | 編集部からのお知らせ

再エネビジネス誌『RE JOURNAL』創刊2号発売!

アクセスランキング

  1. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  2. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  3. FIT抜本見直し概要~再エネ電源の区分で違う支援制度の内容~
  4. アップルもイケアも再エネ100%が目標! 日本は!?
  5. 小型・木質バイオマス熱電併給システム、欧州主要メーカーが集結!
  6. LONGiが各国第三者機関から世界No.1の高評価を獲得! 高出力モジュールも新たに発表
  7. 屋根が狭い日本は、両面で高効率のパネルが主流に?
  8. ポストFITを支えるサングロウの「中規模自家消費向け一体型システム」とは?
  9. 【FIT抜本見直し概要】地域活用電源に関する制度の在り方はどうなるのか。
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース