太陽光発電

多雪地域での太陽光発電は様々なトラブルを抱えることが多い。メンテナンスのコストや手間がかかるだけでなく、パネルの破損や倒壊の危険まで。S-Rackの架台ならそれらの悩みを解決できるのだ。

S-Rackの架台が解決! これで多雪地域での太陽光発電設置も怖くない!

FITの抜本的見直しや卒FIT住宅の増加など、大きな変化が待ち受ける太陽光マーケット。多くの初出展企業が出揃うスマートエネルギーWeekで、2020年の激動を乗り切るビジネスヒントを手に入れよう!

スマートエネルギーWeekの季節が到来! 2020は蓄電池が熱い!

FITの抜本的見直しや住宅用の卒FITを控え、日本市場に新しいトレンドが芽生え始めつつある。DeltaのRaymond Lee氏は、日本市場の将来をどのように見ているのだろうか。

デルタ電子が電力マネジメント分野でも! 日本の太陽光拡大へ貢献

FITの抜本的見直しや住宅用の卒FITを控え、日本市場に新しいトレンドが芽生え始めつつある。Fimer S.P.A.のFilippo Carzaniga氏は、日本市場の将来をどのように見ているのだろうか。

ABBのソーラーインバータ事業を買収した、Fimer。日本市場への参入は?

1月10日、おおさかスマートエネルギーセンターは、「太陽光発電及び蓄電池システムの共同購入支援事業」の支援事業者として、アイチューザーによる共同事業体に決定したと発表した。府民に対し、太陽光発電と蓄電池システムの共同購入を募り、価格低減を実現する事業だ。このスキームは、東京都などが先行して実施している。

「共同購入」で太陽光の価格低減、拡大図る 大阪府とアイチューザー

災害時のレジリエンス強化につながる分散型エネルギーシステムとして、期待を受ける自家消費型太陽光発電。オフグリッド太陽光システム「ソーラーライフガード」を導入する次世代農業ハウスを取材した。

災害時のレジリエンスと経済性を両立! オフグリッドシステム導入事例

FITの抜本的見直しや住宅用の卒FITを控え、日本市場に新しいトレンドが芽生え始めつつある。SkytronのGlobal Sales HeadであるStephan Raulin氏は、日本市場の将来をどのように見ているのだろうか。

世界で30GW以上の発電所を運用 Skytronの監視システム、「予防保守」に注力

ドイツはいち早く“蓄電池パリティ”を達成している。 先進国ドイツには遅れをとっているものの、日本市場も着実に蓄電池の導入が進み、価格低下が進んでいるのだ。

新製品が続々登場! 「蓄電池パリティ」の実現へ、日本市場も着実に進んでいる!?

蓄電池やクルマのバッテリーを使って、自家消費できる能力を高める。太陽光から生み出す電気で災害にも備える先進的なご家庭を取材。

自家消費の実例レポート! バッテリー活用で、災害に備えた安心な暮らし方

住宅で発電した電力を最大限活用する方法として、また災害対策としても大きな期待を集める蓄電池。再エネの先進国であるドイツ、そして日本での導入はどのように進むのだろうか。

再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ

1 2 3 45

アクセスランキング

  1. 多結晶との違いを解説! 単結晶シリコンモジュールのメリットとは
  2. 再エネビジネス成功の秘策がここに!次に来るのは?
  3. 【セミナーレポート】主力電源化への展望と高効率モジュールの役割は?
  4. AmazonとGlobal Optimism、2040年までにCO2排出実質ゼロへ 世界初
  5. トップは中国! クリーンエネルギー投資総額は5年連続「3000億米ドル超」に
  6. 【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日
  7. 仮想発電所にも対応、蓄電池用交直変換装置が発売
  8. 遠隔監視のノウハウで蓄電池市場に参入! 低コスト化を実現するTAOKEのシステムとは?
  9. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  10. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース