スマート関連

EV市場を中国が席巻 「世界のトヨタ」が時代遅れに

太陽光発電で世界をリードする中国。その勢いは、ついに自動車産業にも。2016年、電気自動車(EV)で中国が世界トップシェアに躍り出た。EVの未来は、そして、日本の自動車産業はこの現状にどう向き合っているのか? 市場動向を再エネの達人、村沢先生に聞いた!

太陽光発電でもEVでも
中国が世界をリード

太陽光発電で世界をリードするのは中国。パネルもパワコンも、ともに世界1、2位を占めている。設備の年間導入量でも累計設置容量でも世界一だ。その中国の次のターゲットは電気自動車(EV)。

国際エネルギー機関(IEA) によると、2016年の世界の電動車(EV+PHV、バス、トラック、特殊車両を除く)の販売台数は約75万台。そのうち中国が33万台強でダントツの1位。世界全体の44%を占めた。

「国別EV/PHV販売台数」はコチラ

今、世界の自動車産業は一斉にEVに向かって舵を切っている。2017年7月6日、フランスは、2040年までに国内におけるガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表した。7月26日にはイギリスが同じ内容の発表を行った。1番先鋭的なのがノルウェーで、同じことを2025年までにやるという。

2025年と言えばあとわずか8年。そんなことが可能なのかと思うが、恐らく実現するだろう。ノルウェーでは新車の販売台数に占める電動車の割合がすでに30%を超えているからだ。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 多結晶との違いを解説! 単結晶シリコンモジュールのメリットとは
  2. 再エネビジネス成功の秘策がここに!次に来るのは?
  3. 【セミナーレポート】主力電源化への展望と高効率モジュールの役割は?
  4. AmazonとGlobal Optimism、2040年までにCO2排出実質ゼロへ 世界初
  5. トップは中国! クリーンエネルギー投資総額は5年連続「3000億米ドル超」に
  6. 【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日
  7. 仮想発電所にも対応、蓄電池用交直変換装置が発売
  8. 遠隔監視のノウハウで蓄電池市場に参入! 低コスト化を実現するTAOKEのシステムとは?
  9. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  10. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース