編集部からのお知らせ

最新秋号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.27

自然エネルギーのライフスタイル&ビジネス誌『SOLAR JOURNAL』vol.27[2018 AUTUMN]10/31より配布開始!

表紙写真:中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018
写真:木村泰之

特集
太陽光発電の電力シェアリングエコノミー
これまで電力システムは、大手電力会社がそれぞれの発電所で発電し、その電力を各地域に送配電する中央集権型だった。
しかし、太陽光発電を中心に再生可能エネルギーが普及し、さらに仮想通貨で使われていたブロックチェーン技術の応用で、電力の歴史が大きく動こうとしている。
その大きな原動力となるのが、「電力シェアリングエコノミー」だ。
 

工場屋根は「余剰買取」がおすすめ!
工場の屋根上でつくった電気を、工場の稼働に使う。
FITで全量買取してもらうより、自家消費をして電気代を削減する方がお得な時代がやってきた。
FITを使って売電するのは、もう余った電気だけでいい!

マイクログリッド最前線
災害のたびに実感させられるエネルギーシステムの脆弱性。「マイクログリッド」は、問題解決の切り札になり得るのか。
フランスの重電大手・シュナイダーエレクトリックが、同国エネルギー大手・エンジーとともに展開する、シンガポールの実証プロジェクトを訪ねた。

日本の風車は、危険なのか?
この夏、台風により淡路島の風車が倒壊した。根元からぽっきりと折れた姿に衝撃を受けた人も多いだろう。
なぜ、あの風車は倒壊してしまったのか。
事故原因はまだ明らかにされていないが、今日の基準に従って設計・施工されたものでないことは指摘されなければならないだろう。
日本の風車の安全性について考える。

EXECUTIVE INTERVIEW
太陽光「主力電源」への道

今年7月、政府は第5次エネルギー基本計画において「再生可能エネルギーの主力電源化」を掲げ、導入拡大に向けた取り組みを加速した。
日本の再エネの主力となるのは太陽光発電だ。業界で活躍を続ける4社に、日本の太陽光を成長させる道筋を訊いた。

次世代パワエレで発電所の設計が変わる!
影のかかる土地や起伏のある場所に発電所を建設する際、パネルごとに発電量が異なることがネックとなり、ポテンシャルを最大化できない場合がある。
オプティマイザやマキシマイザなどの「次世代パワエレ」なら、その状況を打開できる。
 

[SOLAR CELEBRITY]
ハリソン・フォード

[EV WATCHING!!]
パリモーターショー2018

[海外コラム]
地域で共有する「コミュニティ・ソーラー」

[SPECIAL REPORT]
中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018

連載
エディオンが太陽光のお悩み解決 / ホームセンターではじめる失敗しない太陽光発電

注目企業
ジンコソーラー / LONGi / ファーウェイ / リアルヴィジョン / TAOKE/ アンプトジャパン / エコライフ・インターナショナル

再エネの達人
太陽光発電協会 / 環境エネルギー政策研究所(ISEP):飯田哲也

問い合わせ一覧
太陽光パネルメーカー / パワコンメーカー / 架台メーカー / 蓄電池メーカー / 遠隔監視システム / 販売・施工会社
 

配布先については「ソーラージャーナルについて」をご確認ください。
 

関連記事

アクセスランキング

  1. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  2. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  3. FIT抜本見直し概要~再エネ電源の区分で違う支援制度の内容~
  4. アップルもイケアも再エネ100%が目標! 日本は!?
  5. 小型・木質バイオマス熱電併給システム、欧州主要メーカーが集結!
  6. LONGiが各国第三者機関から世界No.1の高評価を獲得! 高出力モジュールも新たに発表
  7. 屋根が狭い日本は、両面で高効率のパネルが主流に?
  8. ポストFITを支えるサングロウの「中規模自家消費向け一体型システム」とは?
  9. 【FIT抜本見直し概要】地域活用電源に関する制度の在り方はどうなるのか。
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース