バイオマス

世界初、植物の光合成で大気を浄化! UK発の「バイオソーラーリーフ」って?

ソーラーパネルに似た形状の「バイオソーラーリーフ」。植物の光合成で大気を浄化する世界初のシステムだ。イギリスの大学キャンパスで、試験的に設置される予定となっている。

アイキャッチ画像 ©Imperial College London

大気浄化作用は樹木の100倍!?

英スタートアップ企業アルボレアが開発した「バイオソーラーリーフ」は、微小植物の光合成で大気を浄化するシステムだ。ソーラーパネルに似た形状の専用培養システムに微細藻類などが生育。これらの生命体が大気から二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する仕組みで、大気浄化作用は樹木の100倍にまでのぼる。世界初の「バイオソーラーリーフ」は、英インペリアル・カレッジ・ロンドンの大学キャンパスで、試験的に設置される見通しだ。



文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.30(2019年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 災害時のレジリエンスと経済性を両立! オフグリッドシステム導入事例
  2. 「ソーラーシェアリング専門誌」クラウドファンディング支援者様募集!
  3. 電気代ゼロ! 太陽熱を使った“オフグリッド栽培システム”とは?
  4. 小型・木質バイオマス熱電併給システム、欧州主要メーカーが集結!
  5. 「共同購入」で太陽光の価格低減、拡大図る 大阪府とアイチューザー
  6. 再エネが繋げない? 送電線「空き容量ゼロ」は本当か
  7. 「エアコン感覚」で設置可能! 超コンパクトな蓄電システム登場

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース