エコロジー TOPエネ活・最新技術

子供たちが使うカバンが、ソーラーで光る机に変身!

発展途上国の子供たちが学校に持って行く黄色いカバン。そこには教育環境を変えるアイデアが隠されていた。

通学用のカバンと勉強机を合体させた「YELO(イエロ)」。これは、電気がない農村地区の学校に通い、床上で勉強するインドなどの発展途上国の生徒のためにデザインされたアイテムだ。

5kgまでの荷物を収納でき、学校や自宅では勉強机として使うことができる。30~35°の角度を付けられるので、勉強時の読み書きに最適。また、人間工学に基づいた姿勢を保てる設計にもなっている。太陽光発電によって光るLED(発光ダイオード)ライトが付いており、1回の充電で6~8時間の使用が可能だという。

途上国の教育の現場を変える、貴重なアイテムだ。

SEN03_02

Prayas Innovation
http://www.prayasinnovation.com/


文/大山真理

『SOLAR JOURNAL』vol.12より転載

アクセスランキング

  1. 里山を「シェア」して、田舎暮らし体験が楽しめる!
  2. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  3. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  4. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  5. 伝統的な作り方に回帰した天然酵母パンの秘密とは?
  6. 【お洒落に楽しみたい人向け】菜園アイテム8選
  7. インドアガーデニングで手軽に野菜を自給自足しよう
  8. 移住者の多い街「藤野」 そのおいしい魅力とは?
  9. ベランダでできるエディブルガーデンのはじめ方
  10. 熊本県のエコビレッジ生活「サイハテ」が理想的!
SDGsTV

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.04 / ¥300
2017年3月21日発行

お詫びと訂正