エコロジー TOPエネ活・最新技術

プレー中の運動エネルギーが、サッカー場の照明に!

夜のスラム街。明るく照らされたサッカー場で子供たちが遊べるように、人工芝に敷き詰められたのは…?

ブラジル リオデジャネイロのスラム街に住む子供たちは、頻繁に起こる電力不足の影響で、日の入り後は大好きなサッカーをプレーする事ができなかった。

そこで、イギリスのベンチャー企業Pavegen社が開発したのが、人間の歩行エネルギーを吸収して電力を生み出すという、ハイテクなタイル。そのうち200枚ほどが、サッカー場の人工芝の下に敷き詰められた。子供たちのステップ、ジャンプ、キックなどの運動エネルギーをタイルが吸収し、夜間照明の電力が創出されるという仕組みだ。

太陽光発電システムでの電力供給と併用して行われる、このような革新的な取り組みによって、リオデジャネイロのスラム街の子供たちは、ナイターゲームを楽しむことができようになったそうだ。

Pavegen社が開発した、運動エネルギーを 吸収するハイテクタイル

Pavegen社が開発した、運動エネルギーを 吸収するハイテクタイル

サッカー場にハイテクタイルを敷き詰める作業員

サッカー場にハイテクタイルを敷き詰める作業員

 

Pavegen
http://www.pavegen.com/

 


文/モベヤン・ジュンコ

※『SOLAR JOURNAL』vol.12 より転載

- PR -

アクセスランキング

  1. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  2. 熊本県のエコビレッジ生活「サイハテ」が理想的!
  3. インドアガーデニングで手軽に野菜を自給自足しよう
  4. 移住者の多い街「藤野」 そのおいしい魅力とは?
  5. 新しい住居のかたち? 究極のモバイルハウス
  6. バナナでできた名刺!? 注目のバナナペーパーって?
  7. アウトドアを10倍楽しむためのアイテム8選!
  8. 育てやすく、手入れもラク♪ おうちで水耕栽培
  9. インドネシアの農家に愛されるサステナブルチョコ
  10. スマホで野菜を育てる! 革新的な室内菜園
SDGsTV

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.03 / ¥300
2016年10月17日発売