エコロジー TOPエネ活・最新技術

自転車をこいで発電、囚人の刑期短縮に!?

犯罪率の高いブラジルの刑務所で、自転車を使った少し変わった更生プログラムが行われている。その驚きの施策とは? 現地裁判官に直接取材!

自転車8台で8時間
街灯32個分のエネルギー

ブラジルのミナスジェライス州にある刑務所では、囚人が自転車をこいで発電した電力分、刑期短縮するという取り組みが行われている。これはエコ意識の高いHenrique Mallmann裁判官がはじめたものだ。

現在、刑務所には自転車が8台設置されており、囚人は9時から17時にかけて自転車をこぐことができる。自転車をこいで生み出された電気は、街灯32個分のエネルギーへと変換される。

夜道が明るくなるため、住民の評判もいい。将来的には家庭用電気に変換できるようにしたいと裁判官は語る。

囚人の80%が参加希望
社会貢献にもなる取り組み

この施策は刑期短縮だけでなく、「社会に貢献している」と囚人に実感してもらうための更生プログラムでもある。ただ現状、80%以上の囚人がこの取り組みに参加したいと声を上げている中、実際には受刑者140人中12人しか参加を許可されていないという。

ちなみに、読書量に応じて減刑するプログラムも同時に行っているそうだ。

 

- PR -

アクセスランキング

  1. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  2. 熊本県のエコビレッジ生活「サイハテ」が理想的!
  3. 魚と一緒に栽培!? 海外で広がるアクアポニックス
  4. インドアガーデニングで手軽に野菜を自給自足しよう
  5. スマホで野菜を育てる! 革新的な室内菜園
  6. 移住者の多い街「藤野」 そのおいしい魅力とは?
  7. 新しい住居のかたち? 究極のモバイルハウス
  8. 育てやすく、手入れもラク♪ おうちで水耕栽培
  9. ビニールハウスの中にある素敵な有機野菜レストラン
  10. 食を学ぶ教育を、全ての公立校の必修科目にしよう!
SDGsTV

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.03 / ¥300
2016年10月17日発売