エコロジー TOP地方・移住・旅

ドイツ発! 小さな庭「クラインガルテン」

ドイツでは生活の一部になっているクラインガルテン。家に庭がない場合でも、都会で庭とは無縁の生活をしている人でも、誰もが安らげる小さな庭を持つことができるのだ。

都会生活に安らぎをもたらすドイツのクラインガルテン

ドイツでは「クラインガルテン」が生活に根付いている。

「クラインガルテン」とは、家に庭を持たない人たちが土地を借りて「小さな庭」を作ること。都会でアパート生活を送る人々が、郊外に庭を借り、そこで野菜を作ったり、自然の中での生活を楽しんでいる。
住むことは許されないが、小屋を建てて週末に泊まるのはOKだ。

20年から30年契約で土地を借り、場所にもよるが300㎡で年間2万円から3万円程度と格安である。車で10分から30分程度の近場に借りる人が多く、週末だけでなく、ちょっとした空き時間に気軽に出かけるのが、クラインガルテンの楽しみ方。
子供用に遊具を置いたり、夏場はパーティを開いたり、ちょっとした社交場もなっている。


text :Riho Taguchi

※『EARTH JOURNAL』vol.1より転載

- PR -

アクセスランキング

  1. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  2. キテマス! 人気店の農的グルメ♪
  3. 今スグ始めたい人のための 農活入門
  4. 「食」の楽しみ方は、レストランで学ぶ
  5. 「食べられる庭」と暮らそう!
  6. Negiccoが巻き起こす! 地方創生
  7. 食する人と 農する人の 「おいしいカンケイ」
  8. 破壊された農業を救うアグロエコロジーとは
  9. 「食」との距離が近くなる。野望あふれる農家レストラン
  10. 都市部で広がる “農的ライフスタイル”
SDGsTV エコプロ2016 環境とエネルギーの未来展

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.03 / ¥300
2016年10月17日発売