エコロジー TOP社会・環境

2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。

ワールドシフトネットワークジャパン代表理事の谷崎テトラによる連載コラム「ニューブリードの時代」。省エネルギー、完全リサイクルの江戸時代へと回帰した日本での暮らしは、1日3時間半働けば暮らせる晴耕雨読の生活。必要なモノは簡単につくれる自給自足社会。こういった未来はおこりえるのだろうか?

アグロエコロジーと資源リサイクル社会

石川英輔さんの「2050年は江戸時代」という近未来SFがある。石油が枯渇し、工業化の行き過ぎで行き詰まり、それ以後、生活全体を見直しながら農業社会を作り上げるという未来の日本を描いたSFだ。出版されたのはいまから20年前の1995年。

当時は江戸ブームのなかで江戸時代って循環型社会で面白いなあと思っていたのだけど、気がついたらあと35年。妙なリアリティが感じられるようになってきた。

省エネルギー、完全リサイクルの江戸時代へと回帰した日本での暮らしは、1日3時間半働けば暮らせる晴耕雨読の生活。必要なモノは簡単につくれる自給自足社会。木工、金工、職人たちがかっこいい。
地域コミュニティが復活し、ローエネルギーで暮らす、懐かしい未来の風景だ。

こういった未来はおこりえるのだろうか?
その鍵は「石油」にある。国際エネルギー機関(IEA)は、2006年に在来型の石油生産のピークをむかえたことを認めたが、非在来型の化石燃料に移行したとしてもいずれ化石燃料は枯渇する。

石油はすべての工業製品の95%に直接または間接的に使われている。米シェールオイルのピークは2021年といわれる。ウランも85年で枯渇するといわれる。

123

- PR -

アクセスランキング

  1. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  2. キテマス! 人気店の農的グルメ♪
  3. 今スグ始めたい人のための 農活入門
  4. 「食」の楽しみ方は、レストランで学ぶ
  5. 「食べられる庭」と暮らそう!
  6. Negiccoが巻き起こす! 地方創生
  7. 食する人と 農する人の 「おいしいカンケイ」
  8. 破壊された農業を救うアグロエコロジーとは
  9. 「食」との距離が近くなる。野望あふれる農家レストラン
  10. 都市部で広がる “農的ライフスタイル”
SDGsTV エコプロ2016 環境とエネルギーの未来展

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.03 / ¥300
2016年10月17日発売