エコロジー TOP食・農活

キテマス! 人気店の農的グルメ♪

ご馳走様――それは準備のために走りまわる人に感謝する言葉。ここでは、準備、いわゆる植物の命を育み・運んでくる生産者そして、生産者と消費者をつなぐ人に目を向けてみよう。

おしゃれママが並んでも食べたいおいしい野菜

東京・銀座三越に、子連れのママたちが列をなす一角を発見した。JA全農直営の「みのる食堂」だ。カジュアルな店内でメニューを開くと、素朴な家庭料理が並ぶ。

メンチカツの他、瑞々しい旬の野菜を使った惣菜やバーニャカウダが定番とのことだが、その人気の秘密は、全国の農家から届けられる安全で新鮮な国産食材にある。――食べる人(消費者)と作る人(生産者)を互いに身近な存在にしたい。そんな「みのる食堂」の想いを感じさせる一品が、旬の東京野菜を使用した「東京野菜のにんにくバターソテー」だ。

この日提供されたにんにくの香りが立つソテーは、東京・田無から直送のしゃきしゃきとした小松菜とつぼみ菜、二十日大根を使用。福岡産のトマトとほうれん草で作ったピューレとともに食せば、程よい酸味が野菜本来の旨味を引き立てる。薄味で天然の調味料を使用し、素材そのものの味を感じられるよう工夫が凝らされている。

ej_nog20161108_02

「“畑の味”をお客さんにきちんと伝えたい」――店長高木裕さんの素材への情熱や想いを、生産者の畑を尋ねて実際に農作業を手伝うことで、スタッフも共有しているという。「草むしりや種まき、収穫など、全部をお客さんに伝えたいです」という高木さんの眼差しは〝農を楽しむ人〞そのものだ。

料理というトピックで消費者と農を繋ぐ「みのる食堂」は、JAだからできる地産地消のいわば“提唱方法”なのだ。原点となる生産者の想いに触れたい。その一心で、田無を訪ねてみた……。

12

- PR -

アクセスランキング

  1. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  2. キテマス! 人気店の農的グルメ♪
  3. 今スグ始めたい人のための 農活入門
  4. 「食」の楽しみ方は、レストランで学ぶ
  5. 「食べられる庭」と暮らそう!
  6. Negiccoが巻き起こす! 地方創生
  7. 食する人と 農する人の 「おいしいカンケイ」
  8. 破壊された農業を救うアグロエコロジーとは
  9. 「食」との距離が近くなる。野望あふれる農家レストラン
  10. 都市部で広がる “農的ライフスタイル”
SDGsTV エコプロ2016 環境とエネルギーの未来展

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.03 / ¥300
2016年10月17日発売