エコロジー TOP食・農活

この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット

編集部が注目するマルシェ&ファーマーズマーケットをピックアップしてご紹介!秋はイベント真っ盛り。ほかにも、自分の住んでいる地域での開催はないか、探して参加してみて欲しい。

EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET

ej_far20161106_02

神戸各地から農家&漁師が参加
市民と生産者のつながりを深めるイベント

「神戸に暮らし、ローカルを食べる。」をテーマに、行政と民間の協働によって展開される地産地消を推進するプロジェクト「EAT LOCALKOBE」は、昨年4月にスタート。同6月からは、生産者と会話を楽しみながら買い物ができる〝つながり〞の場として、シーズン毎に毎週土曜日(※開催情報を参照)にファーマーズマーケットを開催している(※2016年秋・冬シーズンは10月8日〜開催中)。

出店者は農家、漁師、養蜂家、酪農家、豆腐屋、醤油屋、漬物屋、ベーカリー、ジャム・グラノラショップ、コーヒーロースター、植物関係……と、実に多彩なラインナップ。それぞれの食材や商品だけでなく、地産地消を応援するオリジナル「朝ごはん」や、お金で買えない「神戸の食」にまつわる「人」と「ストーリー」も楽しめる!

ちなみに11月5日には拡大版として、EAT LOCAL KOBE「FARM TO FOLK」も開催。藁葺小屋を作るワークショップや本格シェフによるランチの提供、スローフードインターナショナルによるトークセミナー、農家ミュージシャンのライブなども。どうせなら、この日を狙って行ってみるべし!

■主催:EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET実行委員会
■場所:東遊園地(兵庫県神戸市中央区加納町6丁目)
■開催予定:年内は12月3日、10日を除く毎週土曜日
※11月12日、19日、26日/12月17日、24日
■開催時間:9:00~12:30
http://eatlocalkobe.org 
fasebook:https://www.facebook.com/eatlocalkobe
instagram:https://www.instagram.com/eatlocalkobe

 

 

123

- PR -

アクセスランキング

  1. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  2. キテマス! 人気店の農的グルメ♪
  3. 今スグ始めたい人のための 農活入門
  4. 「食」の楽しみ方は、レストランで学ぶ
  5. 「食べられる庭」と暮らそう!
  6. Negiccoが巻き起こす! 地方創生
  7. 食する人と 農する人の 「おいしいカンケイ」
  8. 破壊された農業を救うアグロエコロジーとは
  9. 「食」との距離が近くなる。野望あふれる農家レストラン
  10. 都市部で広がる “農的ライフスタイル”
SDGsTV エコプロ2016 環境とエネルギーの未来展

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.03 / ¥300
2016年10月17日発売