再エネ・最新技術

日本農業は高齢化と農業従事者の減少により、深刻な労働力不足に陥っている。国を挙げた取り組みに期待が掛かっている一方で、個人の農家が果敢にも最新技術を用いて、作業の自動化に挑んでいる。

きゅうり農家が、AI搭載の自動選果機を作ってみた

圃場の「見回り省力化」と「生産性向上」を大きくサポートしてくれるITセンサーが続々登場。2017年春発売予定の「MIHARAS(ミハラス)」が現在予約受付中だ。

広エリアの監視もおまかせ! ITセンサー「ミハラス」

太陽光発電を中心に日本各地で導入が進む再生可能エネルギー。農地に太陽光発電設備を設置する「営農型ソーラー」以外にも、風力発電など、農地を利用した再エネの導入は進んでいる。すべての農家が「エネルギー兼業農家」になる日も近い!?

再エネで収入アップ! 農業×風力発電のすすめ

地方創生を実現するためは、地域住民の参加が不可欠である。特に農業分野では住民が意思決定に参加することが大切だ。そんな農業と地方創生のつながりを、元・農林水産省 農林水産政策所長で食と農の政策アナリストである武本俊彦氏にお話を伺った。

「兼業」と「住民参加」が、地方創生のキーワード?

茨城県農林水産部産地振興課では、平成27年度9月から、県オリジナルのイチゴ「いばらキッス」のブランド強化のためにICTの活用を開始、着実に成果を上げている。県と一緒に現地実証を行っている濱野さんの圃場で話を伺った。

ICTで生産ノウハウを共有!茨城の地域農業の成功例

植物の成長を早めたり、栄養価の高い野菜を育てたり、メリットの多い植物育成用LED照明。日本でも植物工場での活用ニーズが高まっている。

LED導入ニーズ、太陽光利用型ハウスでも高まる

さまざまな種類のサービスが登場している農業クラウド。今回は、効率的に計測して管理するための生産管理サービスを4つ紹介しよう。

効率的な生産管理を! 農業クラウドまとめ

これから植物工場を始めたい人は注目!千葉大学とNPO植物工場研究会の出展ブースをレポート。

簡素な植物工場システムに見えるが、実は…?

アメリカで登場した都市型農場。気候や土壌、季節にも関係なく様々な食料の栽培が可能になる。そんな夢のような農場とは一体……?

驚愕! 米発の世界最大級の屋内農場現る!?

温室などで太陽光を利用しながら不足光量を人工光源で補光する太陽光利用型植物工場と、人工光を使い温湿度・光強度などを制御することで生産を行う人工光型植物工場。それぞれ2つの種類の植物工場の注目ラインナップを紹介する。

人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. 成功する農業! 物流の壁を乗りこえる秘策とは?
  2. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  3. 農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?
  4. 農業女子向け! 農作業を楽しくするファッション5選
  5. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  6. 話題のパワーアシストスーツが販売開始
  7. 人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選
  8. 農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選
  9. 機能性にもこだわった農業男子ファッション6選
  10. 「最先端トマト農家」になるための学校が開校
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.02 / ¥0
2016年12月14日発行

お詫びと訂正