再エネ・最新技術

持続可能な生産を!世界で広がるスマート農業。今回はUSAから、いつでもどこでも最適な環境で作物を栽培できる、農業技術プラットフォーム「フード・コンピュータ」についてレポートする。

最適な生育環境を“コピペ” 画期的な農業技術開発中

持続可能な生産を!世界で広がるスマート農業。今回はAUSTRALIA(オーストラリア)から、農業に不向きとされていた乾燥帯における農業ソリューションを紹介する。

太陽光と海水でOK? 持続可能な農業ソリューション

持続可能な生産を!世界で広がるスマート農業。今回はETHIOPIA(エチオピア)から、コンテナ型の農業ツールBOX「ファーム・フロム・ア・ボックス」についてレポートする。

エチオピアでも活躍! コンテナ型農業がすごい!

複数の人工衛星からの画像データと気象データを解析・処理してくれる、農業支援サービス「Digital Farming」。場所ごとの生育状況の違いを知ることで、追肥や水分調整などの判断も正確に行え、品質の安定化や歩留まりの向上にも!

農家さん必見! 宇宙から農地管理する時代が到来!

群馬が誇る高糖度の高品質フルーツトマト、「ブリックスナイン」を育てている窪田さん。栽培に手間がかかるブランドトマトをより美味しく消費者に提供するため、農業クラウド「アグリネット」を活用しているという。

話題のアグリネット導入……効果は?

GPSを使ってトラクターの位置と方向を把握して直進運転をサポートしてくれる“農業版カーナビ”の存在をご存知だろうか?そんな夢のような無料アプリを紹介する。

農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!

日本農業は高齢化と農業従事者の減少により、深刻な労働力不足に陥っている。国を挙げた取り組みに期待が掛かっている一方で、個人の農家が果敢にも最新技術を用いて、作業の自動化に挑んでいる。

きゅうり農家が、AI搭載の自動選果機を作ってみた

圃場の「見回り省力化」と「生産性向上」を大きくサポートしてくれるITセンサーが続々登場。2017年春発売予定の「MIHARAS(ミハラス)」が現在予約受付中だ。

広エリアの監視もおまかせ! ITセンサー「ミハラス」

太陽光発電を中心に日本各地で導入が進む再生可能エネルギー。農地に太陽光発電設備を設置する「営農型ソーラー」以外にも、風力発電など、農地を利用した再エネの導入は進んでいる。すべての農家が「エネルギー兼業農家」になる日も近い!?

再エネで収入アップ! 農業×風力発電のすすめ

地方創生を実現するためは、地域住民の参加が不可欠である。特に農業分野では住民が意思決定に参加することが大切だ。そんな農業と地方創生のつながりを、元・農林水産省 農林水産政策所長で食と農の政策アナリストである武本俊彦氏にお話を伺った。

「兼業」と「住民参加」が、地方創生のキーワード?

1 2 3 5

アクセスランキング

  1. 農業もオシャレに! 一目おかれる次世代農家ウェア
  2. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  3. 農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選
  4. 機能性にもこだわった農業男子ファッション6選
  5. 農業女子向け! 農作業を楽しくするファッション5選
  6. 太陽光と海水でOK? 持続可能な農業ソリューション
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 超個性派! モテる農作業ウェア4選
  9. オフでも楽しい!「はたらく乗り物」4選
  10. 農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.03 / ¥0
2017年3月31日発行

お詫びと訂正