次世代農業 TOP再エネ・最新技術

父親の経験と勘に加わった 客観的なデータの裏付け

話題のスマート農業、現場では一体どのように活用されているのか? ネポン株式会社の農業クラウドサービス「アグリネット」を活用している千葉県旭市でトマトの栽培を行っている荒井さんにお話を伺った。

作業負担の軽減と効率化にスマートアグリの活用を

荒井さんは、約3年前に45歳で家業のトマト栽培を父親から引き継いだ。現在千葉県旭市に計6ヶ所、延べ3600坪のハウスでトマト栽培を手がけている。

農業を始める年齢としては、比較的遅いスタートといえる荒井さんだが、この道50年の大ベテランである父親の栽培ノウハウを学びつつ、更なる発展を目指して就農後すぐにネポン株式会社の「アグリネット」を導入した。
「父親の経験と勘を、客観的なデータと照らし合わせた上で、広大なハウス内での作業負荷の軽減や、効率化を目指しました。トマト栽培の難しい点は、冬場の温度管理。ハウス内を暖房装置であたためるんですが、想定温度に達していなかったり、機械が故障したりすると、夜中でも、アグリネットがパソコンやスマートホンにアラートを送ってくれるので助かります」。

NEPON_002

導入から3年、期待通りの成果が上がっている、と荒井さん。現状は温度センサーのみだが、今後はCO2や湿度センサーの導入についても、コストバランスをみながら検討したいとのことだった。

12

- PR -

アクセスランキング

  1. チームの力が町を変えた! 稼げる農家が育つ「綾町」
  2. 高知県の限界集落が地栗で年間15 万人を呼び込む!
  3. 農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?
  4. 茨城県主導、ICT活用で生産ノウハウをシェア!
  5. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  6. <速報>見つけました! 次世代農業のトレンド③
  7. 人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選
  8. 農業女子向け! 農作業を楽しくするファッション5選
  9. スマート農業を、「儲かる」農業にするには?
  10. 日本の6次産業が急成長!? 「サブファンド」という特効薬

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.02 / ¥0
2016年12月14日発行