生産者の取組み

オーストラリア人親子が作った巣箱「Flow Hive」が、養蜂家にとって革命的な発明だと注目されている。

ハチミツ採取に劇的な革命を起こした巣箱って!?

有機農業の町として、全国的にも知られる宮崎県綾町。いま、綾町産の野菜が、生産量が追いつかないほど売れている。仕掛け人のNPO法人まちづくりGIFTの齋藤潤一代表に話を聞いた。

チームの力が町を変えた! 稼げる農家が育つ「綾町」

いま、農業と福祉の連携が加速している。その最先端を走っているのが一般社団法人農福連携自然栽培パーティ全国協議会の取り組みだ。理事長・佐伯康人さんに、熱い思いを伺った。

市町村に広がる農福連携で 耕作放棄地再生へ!

「食」と「農」を通じて人々を幸せに。そんな会社の理念をそのまま行動に移すことで、生産者との信頼関係を築いてきたと語るのは株式会社モスフードサービスの佐藤秀行さん。モスバーガーの一口が、特別に感じられるインタビュー。

納得! モスバーガーのおいしさの秘訣とは!?

農業にあらゆる企業が参入しているが、とりわけ小林武史さんが中心となって設立した農業生産法人「耕す」は、そのこだわりぬいたコンセプトが注目の的となっている。

小林武史が農業をプロデュース! 食と農を考える

情報交換やネットワーキングのみならず、農作物の売買や資金調達の手段として、食や農業の分野でもオンラインプラットフォームの活用が進んでいる。

消費者との関係を変えた、世界のwebサイト

「作る」「食べる」「学ぶ」をテーマに、新しい農業ビジネスを展開する『えと菜園』の経営者、小島希世子さん。まさに新しい農業をイメージする上でアイコン的な存在といえる彼女が描く、未来図を聞いた。

野菜育ては、人育て。“農”の力を活かして人をつなぐ

食と農を体感できるアグリツーリズムは、消費者と農家、そして地域の“三方よし”を実現する観光形態として注目され、各国で市場が拡大しつつある。

世界中で続々! オンラインを活用したアグリツーリズム

生協では、消費者が生産物を共同購入することで農家を支えている。北海道のメノビレッジでは、その活動を小さなコミュニティ内で完結させ、消費者と生産者の距離をグッと近づけている。彼らが実践している新しい形の産直システム「CSA」を紹介する。

これからの新しい農業の形「CSA」ってなに?

「食べる宝石」をコンセプトにした高級イチゴが、自分へのご褒美や大切な人への贈り物として売れ筋商品になっている。実現の秘訣は、地元のイチゴ農家の職人技とITを融合した最先端施設園芸にあった。

地域のつながりとITで生み出した「食べる宝石」

1 2

- PR -

アクセスランキング

  1. 超個性派! モテる農作業ウェア4選
  2. ハチミツ採取に劇的な革命を起こした巣箱って!?
  3. 農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選
  4. オフでも楽しい!「はたらく乗り物」4選
  5. ギャルにアイドル……農業を担う“農業女子”現る!
  6. 機能性にもこだわった農業男子ファッション6選
  7. 農業女子向け! 農作業を楽しくするファッション5選
  8. 農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?
  9. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  10. 農業参入時に自問自答すべき“15ヶ条”

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.02 / ¥0
2016年12月14日発行