次世代農業 TOP道工具・資材

機能性にもこだわった農業男子ファッション6選

昨今の農作業・園芸グッズはハイセンスなもので溢れています。 次世代の農的アイテムの中から、今回はメンズアイテム6つを紹介!

644gの超軽量ストレッチ素材!
“進化形”のカバーオールでスマートに。

EJ_MEN20160616_07

モンベル フィールド ストレッチカバーオール Men’s/¥10,584

ダボっともたついて動きづらいカバーオールにおさらば! モンベルのストレッチカバーオールは、全身に軽量なストレッチ素材を使用する事で、しゃがんだ際のつっぱり感を解消し、スムーズな動きに対応しています。だぶつきも少ないスマートなシルエットで、服が農機具に巻き込まれる危険性を低減。 こもった熱気を素早く逃がすことができるピットジップと、便利なポケット7個付。

www.montbell.jp

話題のコラボモデルは押さえたい!
Lee×REBIRTH PROJECTのエプロン

EJ_MEN20160616_09

LeeBIRTH エプロン <4th WORK AGAIN>/¥6,480

伊勢谷友介さんが代表を務める社会活動グループREBIRTH PROJECTと、ジーンズメーカーLeeJapanがコラボした話題のエプロン。倉庫で眠っている型落ち品やB級品に、新たなデザインが施されて商品化されています。綿100%のデニム素材だから、ガンガン使ってもOKな耐久性 はもちろんのこと、洗うごとに生地の表情がかわるので、着古すのも粋ですね。

rebirthproject-store.jp

農ファッションの「定番」。
モンベル高機能レインジャケット

EJ_MEN20160616_08

モンベル フィールド レインジャケット/ ¥25,380

農業から野外作業に最適な耐久性があるこのレインウェアは、世界最高レベルの防水透湿性を実現した素材ゴアテックス®が使用されています。汗の水蒸気を効果的に外に放出して、肌に快適な環境をつくるので、ジメっとする梅雨の時期でも◎。着こなしやすいジャケットタイプで、通年この一着で着まわせます。ひさしが長いフードも装備。男女兼用です。

www.montbell.jp

機能性×スタイルの融合!
ミリタリー系〝農〞ファッション

EJ_MEN20160616_01

Noh Logic ジャケット/¥16,200

“汚れてもカッコイイ服”をテーマにした国内作業服ブランド「Noh Logic」のジャケット。 ひじ部分のタックにマチをつけた仕様で、パターンのすべてが農作業の動きに配慮して作られています。作業から人目に触れる納品時まで、1 日中身を包んでいても窮屈に感じない心地よさです。「農業のイメージをファッションから変えていきたい」という想いがカタチになった、開発経緯も魅力的なアイテム。

サイズ:S/M/L・男女兼用、ジャケットカラー:カーキ/ダークネイビー、素材:コットンベースのストレッチ

100-show.stores.jp

動きやすさ&丈夫さが◎!
美シルエットなワークパンツ

EJ_MEN20160616_05

A-rue デニム作業用ロングパンツ/¥10,800

足を大きく開脚する動きが多い職業の人からリクエストを受けてデザインされたワークパンツ。吸湿性、浸湿性は綿素材と変わらず、薄手でも速乾性、 耐久性のある「nano-wing」という素材を使用しています。ゆるめに履きこなしてブーツインすると、作業着としてはもちろん普段着としてもキマるアイテムです。

フリーサイズ(M/L)・男女兼用  素材:綿65%/ポリエステル35% (nano-wing )

a-rue.jp

農園芸集団のスタイリスト発!
機能性&スタイル、抜かりナシの個性派作業着

EJ_MEN20160616_06

HARVESTA!(ハーベスタ!)ボンデッジニッカパンツ ブルー/¥15,490

農園芸ビジュアル集団Vallicans(バリカンズ)主宰でスタイリストの岡部文彦さんが手掛けた、農園芸のワークウエアパンツ。腰回りには大型ポケット、立体的に型どったひざ周り、腰・膝・ふくらはぎはストレッチ素材を使用しています。機能性・作業性・素材・スタイル、どれをとっても抜かりなく、じわじわとコアなファンを増やしている注目のブランドです。

lifetime-g.com

- PR -

アクセスランキング

  1. ハチミツ採取に劇的な革命を起こした巣箱って!?
  2. 農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?
  3. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  4. 農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選
  5. 農業参入時に自問自答すべき“15ヶ条”
  6. 話題のパワーアシストスーツが販売開始
  7. スマート農業を、「儲かる」農業にするには?
  8. 「最先端トマト農家」になるための学校が開校
  9. ドローンにアシストスーツ…仰天の次世代農業ギア7選
  10. 超個性派! モテる農作業ウェア4選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.02 / ¥0
2016年12月14日発行

お詫びと訂正