次世代農業 TOP道工具・資材

タフでエコな農業用バイクが100台限定で発売するらしい

大地を縦横無尽に駆け巡るタフネス。排気ガスを出さず電気で走るエコなバイク。しかも見た目がかっこいい! こんな三拍子揃った農業用バイクが存在する。ニュージーランドのUBCO社が製作した「UBCO2×2」だ。

見た目、エコ、タフさを一台に。
農業用バイク「UBCO 2×2」

「農業用バイク」と聞いてもピンとこない人は多いはず。じつはニュージーランドやオーストラリアなど大規模農畜産業を行っている国では、広大な敷地内移動にバイクを使うことがある。そこで求められるスペックが不整地でも走れる耐久性と、航続距離、荷物をしっかり積める実用性だ。

「UBCO2×2」はフル充電すれば、100 kgを積載した状態(運転者含む)で平地なら70~100km、起伏地は40~80kmを走破できる。最大トルク90Nm、最高出力2kWのパワーユニットを搭載し、足回りは前輪と後輪が駆動する2WD。最高時速45kmだ。

白黒で統一されたデザインも好印象。スタイルとしてもかっこいい農業を目指すにはぴったりの相棒となる。

どんな土地でもグイグイ進むからといって、むやみに自然の中を走るのはNG。エコなバイクはエコな心がけを持ちつつ乗りたい。それでこそかっこいいのだ!

EJ_wnb20160531_sub1

USBでスマホ充電も。これが結構重宝する。

EJ_wnb20160531_sub2

搭載リチウムイオンバッテリーは6~8時間でフル充電完了。

EJ_wnb20160531_sub3

デザイン性とタフさを両立した。

EJ_wnb20160531_sub4

牧羊犬顔負けの性能で走る走る!

 

 

UBCO 2×2

価格未定。公式サイトでプレオーダー受付中(100台限定)。
※日本での販売は未定
http://www.ubcobikes.com


文/加藤亨延

『EARTH JOURNAL』vol.2より転載

- PR -

アクセスランキング

  1. ハチミツ採取に劇的な革命を起こした巣箱って!?
  2. 農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?
  3. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  4. 農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選
  5. 農業参入時に自問自答すべき“15ヶ条”
  6. 話題のパワーアシストスーツが販売開始
  7. スマート農業を、「儲かる」農業にするには?
  8. 「最先端トマト農家」になるための学校が開校
  9. ドローンにアシストスーツ…仰天の次世代農業ギア7選
  10. 超個性派! モテる農作業ウェア4選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.02 / ¥0
2016年12月14日発行

お詫びと訂正