6次化

地域のJA、企業、自治体、農家がチームを作り、様々なプロジェクトを行う福島県。いままさに進められている「循環型農業」への取り組みについて、政策に深く関わる中央大学ビジネススクールの杉浦教授が紹介する。

食品残さを活かしたエコすぎる農業〜福島の挑戦〜

高知県・四万十川の中流域に、地方創生のモデルとして全国から注目される道の駅がある。「道の駅四万十とおわ」だ。村でとれたものを、村で売る。小さな地域を元気にしてきた、取り組みの秘訣を聞いた。

高知県の限界集落が地栗で年間15 万人を呼び込む!

高級みかんジュースがヒットしている理由は? 和歌山県有田市で早くから6次化を進める早和果樹園社長の秋竹新吾さんに話を聞いた。

こだわり続けたおいしさ。みかんは裏切らない

いま農業で最も旬なキーワードが6次産業化だ。農業をはじめ、林業、漁業の6次産業化による経済的成長を促すために発足されたA-FIVEのサブファンドが注目されている。

日本の6次産業が急成長!? 「サブファンド」という特効薬

- PR -

アクセスランキング

  1. 超個性派! モテる農作業ウェア4選
  2. ハチミツ採取に劇的な革命を起こした巣箱って!?
  3. 農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選
  4. オフでも楽しい!「はたらく乗り物」4選
  5. ギャルにアイドル……農業を担う“農業女子”現る!
  6. 機能性にもこだわった農業男子ファッション6選
  7. 農業女子向け! 農作業を楽しくするファッション5選
  8. 農業女子が作るブランドトマト! 人気の理由は?
  9. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  10. 農業参入時に自問自答すべき“15ヶ条”

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.02 / ¥0
2016年12月14日発行